天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.11.9 来年度税制改正についての動き。その1

2012.11.9 | カテゴリ:相続応援日記

民主党税制調査会は平成25年度税制改正に向けての方針を固めつつありますが、12月中旬に発表される税制改正大綱に向けての動きをご紹介致します。

民主党は、2009年の衆院選のマニフェストに「配偶者控除を廃止し、子供手当の財源に充てる」と明記しておりました。

配偶者控除とは、奥様の所得が年間38万円(給与なら年間103万円以下)の場合、ご主人の所得から38万円を控除して所得税を軽減することができる制度であり、専業主婦やパートで働く主婦がいる世帯で恩恵を受けられます。

昨今、共働き世帯が増加している事から配偶者控除の廃止をマニフェストに掲げていましたが、主婦層の反発を考慮して4年連続の見送りが濃厚になりました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜2504

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP