相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.5.2 本家長男夫婦の相続事例その3

2018.5.2 | カテゴリ:相続応援日記, 代表・天野隆のブログ

相続人としての長男夫婦をテーマにしています。

相続専門にしていると今亡くなられる方の年代は90代、

そのお子さんたちの年代は60代が多いようです。

土地所有者の本家の特徴は同居です。

本家長男夫婦として重要なことは長男さんの兄弟姉妹関係です。

父の相続(一次相続)が終わった後も母の相続(二次相続)に向けての兄弟姉妹関係は続いていきます。

本家の土地の一部が道路になり国が買ってくれました。お金が入ってきたケースがありました。本家長男夫婦は入金したお金の一部を兄弟姉妹に配りました。先祖からの預かり物が相続財産だから、それを売却した時は一部ではあるが分配すると言われました。正直驚きました。その後「兄に預けておけば安心」と弟さんは言います。

記:資産家を応援する相続の専門家:天野隆。3835

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP