相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.10.5 未成年者と相続-その2

2018.10.5 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

相続人のなかに未成年者がいる場合、どのような注意が必要でしょうか?

今日は税金面での優遇措置をみていきます。

未成年者は幼児か学生であることが多いと考えられます。

学生であれば教育費がかかるうえに、働くことが困難です。

その場合、相続する財産が教育費や生活費に費消されることになり、そうした財産にまで相続税をかけるのは酷な話です。

そうした趣旨から生まれたのが、「未成年者の税額控除」です。

相続税から控除することができる金額は、未成年者が満20歳になるまでの年数1年につき10万円で計算した額です。

年数の計算にあたり、1年未満の期間があるときは、切り上げて1年として計算します。

例えば、未成年者の年齢が15歳9か月の場合、9か月を切り捨て15歳で計算します。

この場合、20歳までの年数は5年になりますので、未成年者控除の額は、10万円×5年で50万円となります。

15歳で大切な人を失い、これから高校、大学に通うことを考えると、50万円という控除額はちょっと少ないような気がします。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大口 亮 3942

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP