天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度。その2

2015.5.19 教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度。その2

2015.5.19 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

今回は前回に引き続き直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度についてご紹介します。

前回もご紹介したとおり、平成27年度税制改正においてこの制度の適用期限が下記のとおり延長されました。

【改正前】 平成2541日から平成271231日まで

【改正後】 平成2541日から平成31331日まで

また、改正により教育資金の範囲が拡大され、特例の対象となる教育資金の範囲に『通学定期券代』及び『留学渡航費等』を追加することとされています。

更に改正前においては教育資金口座等からの払出について、目的どおりに教育資金に充てたことを確認できる領収書等を金融機関に提出することが義務付けられていましたが、領収書等の提出につき一部簡略化され、平成2811日以降に提出する書類については領収書等に記載された支払金額が1万円以下で、かつその年中における合計支払金額が24万円以下のものについては教育資金の内訳などを記載した明細書を提出することができます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡 直希。3117

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP