相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.11.22 政府税制調査会-その2

2018.11.22 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

毎年、12月に税制改正大綱が発表されますが、これを発表するのは、自由民主党・公明党の税制調査会、通称「与党税制調査会」です。

これとは別に、「政府税制調査会」というものがあります。

この政府税制調査会がこの10月に3回の会合を開き、将来の税制について議論をしています。

まず、10月10日の第17回総会では、「税財政の現状等について」や「納税実務等を巡る近年の環境変化への対応について」を議題に意見交換が行われたようです。

納税実務等を巡る環境変化では、仮想通貨や民泊等のシェアリングエコノミーなどの所得をどのように把握していくのか、といった議論が展開されました。

また、委員から退職所得課税制度に対する指摘もあったようです。

退職所得については、勤続年数が20年を超えると、超える部分について控除額が大きくなりますが、終身雇用制度が変わりつつあるなか制度自体の見直しが必要なのではないか、との意見がでたそうです。

さらに平成27年1月1日から基礎控除が引き下げられたばかりの相続税についてもこの改正の影響を考慮しつつ、資産の再分配機能の観点等から議論していくそうです。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大口 亮 3975

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP