天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.7.3 損害の立証

2004.7.3 | カテゴリ:相続応援日記

相続が発生して遺族の方が困ることは、お金の動きで税務署に説明できないことがある場合です。億というお金が無くなっている場合です。確かに預金通帳から落ちていることは税務署の言うとおりです。どこへ行ったか説明してくれと言うのです。というかどこかに隠しているのではないかと言うのです。食べられる金額ではない、旅行で使える金額ではない、誰かに上げるといってもそんな金額ではないということになります。私が経験上知っていることは、株で損をした、金(きん)で損をした、信用取引で損をした、等が上げられます。損害の立証と言うのはプロとしても難しいものですが、お客様を守る意味では重要な仕事になります。

税務調査の情報は

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-now/1_42.html

から

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP