相続税申告件数は日本で最大級50年以上の実績 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 所有者不明土地等に係る固定資産税の課題への対応 その1

2020.1.27 所有者不明土地等に係る固定資産税の課題への対応 その1

2020.1.27 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

令和元年12月12日に、令和2年度の税制改正大綱が公表されました。

 税制改正大綱に所有者不明土地等に係る固定資産税の課題への対応について記載がありましたので、今回は所有者不明土地等に係る固定資産税の課題への対応についてご紹介致します。

近年、所有者不明土地等が全国的に増加しており、公共事業の推進や生活環境面において様々な問題が生じていますが、固定資産税の課税の面においても、所有者情報の円滑な把握等が課題となっています。

所有者の特定には多大な時間と労力を要するため、迅速、適正な課税に支障が生じています。

   また、土地や家屋を使用収益しているにも関わらず、様々な理由により課税庁が調査を尽くしてもなお当該資産の所有者が一人も明らかとならない場合においては、固定資産税を課税することができず、課税の公平性の観点から課題があります。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐々木 進吾 4253

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP