相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.9.29 所得税の配偶者控除の見直し。その3

2016.9.29 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

女性の活躍・就労増を狙った、配偶者控除の見直しが注目を集めています。

昨日の当ブログでは、「共働き」の世帯と「男性雇用者+無職の妻」の世帯との、ここ数十年の割合の変化をご紹介しました。

「共働き」が間違いなく増加傾向にある中で、その内訳はどうでしょうか?

2つの多数派である「夫フルタイム、妻フルタイム」と、「夫フルタイム、妻パートタイム」の両者の推移に着目してみましょう。

「夫フルタイム、妻フルタイム」が、過去35年間、約400万世帯でほぼ横ばいなのに対して、「夫フルタイム、妻パートタイム」は、約200万世帯から約500万世帯へと、倍以上に増えています。

そして、「妻パートタイム」における収入分布をみると、9割程度が所得150万円未満に収まっています。

このあたりからも、配偶者控除(給与収入103万円以内)や配偶者特別控除(給与収入141万円以内)の影響がうかがえます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3448

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP