相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2017.7.13 広大地評価の大改正。その3

2017.7.13 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

6月22日、国税庁は広大地評価の改正通達(案)を公表しました。

現行の広大地評価との大きな違いとして、昨日のブログでもご案内した「要件の明確化」の他に、「土地の形状が評価に反映されることになった」ことが挙げられます。

現行の広大地評価の算式には、数字以外には、「路線価」と「地積」しか出てきません。

したがって、土地の形状は一切、評価に反映されていませんでした。

つまり、形が良くて高い売却金額が期待できる土地も、形が悪くて高い売却金額が期待できない土地も、路線価と地積が同じであれば、同じ評価額だったことになります。

それに対し、改正後の評価の算式には、「路線価」と「地積」以外に、「補正率」が出てきます。

この「補正率」は、大きく分けて以下の2種類があります。

1.現行の(広大地以外の)通常の土地評価でも使用している補正率(奥行価格補正、不整形地補正等)

2.「規模格差補正率」

このうち2.は、今回の改正で新しく登場したもので、地積や所在地域に基づいて算定される率ですが、1.については、土地の形状に基づく率となります。

したがって、土地の形状も評価に反映されることとなり、現行よりは、実態に近い評価額が期待されます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3643

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP