相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.9.18 平成31年度 税制改正要望。その2

2018.9.18 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

先日、各省庁から来年の税制改正に向けた要望が発表されました。

本日は、「空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除についての要件緩和」に関する国土交通省からの要望について。

現行制度では、相続日から3年を経過する日の年の12月31日までに、被相続人の一定の居住用家屋を相続した相続人が、その家屋を譲渡した場合に譲渡所得から3,000万円を控除する、という内容となっています。

課題として、次のようなケースでは控除対象とすることができませんでした。

・被相続人が老人ホーム等に入居していた場合

・譲渡後に家屋の除去又は耐震リフォームを行った場合

今回の要望では、これらいずれも対象に加える、としています。

さらに、この制度はもともと時限立法でしたので、平成31年12月31日までの譲渡に限られていましたが、今回の要望では、4年間の延長として「平成35年12月31日までの譲渡」、としています。

この改正要望が年末の税制改正大綱に盛り込まれるか、注目です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3930

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP