相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.7.12 平成30年分財産評価基準の発表-その1

2018.7.12 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

7月2日に国税庁から平成30年分財産評価基準が発表されました。

財産評価基準とは、相続、遺贈または贈与により取得した財産に係る相続税および贈与税の財産を評価するときの基準です。

今年の1月1日から12月31日までの間の相続税および贈与税の計算は今回発表された平成30年分の財産評価基準を適用します。

今年の1月1日以降、この財産評価基準が発表されるまでにご相続が発生した方、贈与した方については、今回の財産評価基準の発表をもって相続税額や贈与税額が確定することになります。

相続税の申告期限は相続開始の日から10ヶ月以内です。

平成30年1月1日に亡くなられた方の相続税の申告期限は平成30年11月1日となります。

この財産評価基準の発表を待って申告書を作成しはじめるとわずか4ヶ月で申告・納税期限を迎えることになり、とてもあわただしくなってしまいます。

レガシィでは、納税資金の確保という観点からも、平成29年分の財産評価基準で評価を進め概算の相続税額を算出しておき、7月の新基準の発表を待って再計算し、速やかに変動した税額をお客様にお知らせするようにしています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大口 亮 3884

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP