相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.8.13 平成29年度 租税滞納状況について。その1

2018.8.13 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成30年8月7日に国税庁より平成29年度租税滞納状況が発表されました。

毎年この時期に発表されているものになります。

滞納とは、国税が納期限までに納付されず、督促状が発付されたものをさしています。

今回の発表によると、滞納の未然防止及び整理促進に努めた結果、平成29年度末における滞納整理中の国税の額(滞納残高)は、8,531億円となっています。平成27年度が9,774億円、平成28年度が8,971億円でしたので年々減少傾向にあるようです。

国税の滞納残高は、ピーク時の平成10年度には2兆8,149億円でしたが、平成11年度以降、19年連続で減少し、平成29年度ではピーク時の30.3%となっています。

バブル崩壊後、滞納税金残高は上昇し続け、平成10年度をピークに減少傾向という推移になっています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐藤 秀治 3905

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP