相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.8.14 平成29年度 租税滞納状況について。その2

2018.8.14 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成30年8月7日に国税庁より平成29年度租税滞納状況が発表されました。

平成29年度の新規発生滞納額は6,155億円で、平成28年度の6,221億円より66億円減少している結果となりました。新規発生滞納額は、過去最も多かった平成4年度の1兆8,903億円の32.6%と引き続き低水準となっています。

滞納については、集中電話催促センター室において、早期かつ集中的に電話催促等が行われています。国税局や税務署の徴収担当部署においては、個々の実情を踏まえて、大口・悪質事案や処理困難な事案に対して、滞納整理が行われています。その結果、平成29年度の整理済額は、6,595億円となっています。新規発生滞納額が6,155億円ですので整理済額が若干上回っている結果となっています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐藤 秀治 3906

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP