相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2015.12.15 平成28年度税制改正大綱、ようやく決着。その1

2015.12.15 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

当初1210日発表、とされていた来年度の税制改正大綱ですが、消費税の軽減税率で議論がまとまらず、1210日の時点では軽減税率部分が空白の、異例の「案」が日経新聞から公表されました。

今回はこの大綱の中でトピックとなりそうな項目を簡単にご紹介いたします。

今日は資産税関係について。

まずご紹介したいのは「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例の創設」です。

平成2512日以降の相続のうち、旧耐震基準で建てた居住用家屋や土地を相続し、原則3年以内に売却すると、譲渡所得から3,000万円まで控除することができます。

今後ますます空き家問題が課題となる中で、その解消を図るために設けられました。

譲渡の期間が平成2841日から平成311231日までのものとされています。

次にご紹介したいのは農地関係で「利用の効率化及び高度化の促進が必要な農地の保有に係る課税の強化・軽減」です。

タイトルは長いですが、2つの内容が織り込まれています。

1つは耕作放棄地の固定資産税を1.8倍にするという増税、もう1つは農家が一定の方法で農地を企業などに10年以上貸し出せば固定資産税を一定期間半減するという減税です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 3257

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP