相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2015.10.20 平成27年の基準地価、発表。その2

2015.10.20 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成279月下旬、国土交通省より平成27年の基準地価が発表されました。

東京圏の住宅地におけるエリア別の特徴を次のように発表しています。

【東京都23 区】

23 区全体で2.1%上昇(前年1.9%上昇)。昨年と同様に23 区内での住宅地への需要は根強く、全ての区が上昇を続けている。

なお、上昇幅が昨年より大きくなった区が多く見られ、特に中心区では高級戸建住宅地やマンション適地の希少性が強く、高い上昇率を示す区が見られる。

【東京都多摩地域】

・多摩地域全体で0.7%上昇(前年1.0%上昇)。上昇幅が昨年より縮小した市が多く見られるが、JR中央線駅徒歩圏の優良住宅地や土地区画整理事業等の進捗があった地域、大規模商業施設の進出があったやや郊外の地域を中心に需要が堅調で、青梅市、日の出町を除き各市町が上昇を続けている。

【神奈川県】

・横浜市は1.4%上昇(前年1.7%上昇)。川崎市は1.1%上昇(前年1.5%上昇)。いずれも上昇幅が昨年より縮小した区が多く見られるが、都心への交通利便性等を反映して住宅地への需要が総じて堅調であり、全ての区で上昇を続けている。

・相模原市は0.1%上昇(前年0.3%上昇)。東京都心部や横浜市中心部への交通利便性が良好な駅徒歩圏を中心に需要は堅調であるが、緑区は昨年の横ばいから下落に、中央区は昨年の上昇から横ばいにそれぞれ転じるととともに、南区は上昇幅が昨年より縮小した。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 3219

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP