相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.8.29 平成26年度租税滞納状況について。その3

2016.8.29 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成2783日に国税庁より平成27年度租税滞納状況が発表されましたのでご紹介します。

平成27年度の滞納残高の合計は9,774億円とご紹介しましたが、そのうち最も多い税目は消費税で地方消費税を除いて3,340億円、続いて申告所得税の2,902億円、源泉所得税の1,621億円と続き、相続税は819億円となっています。

また、平成27年度の新規発生の滞納額は、消費税が最も多く4,396億円、次いで申告所得税の1,170億円、法人税の634億円と続き、相続税については269億円となっています。

なお、平成27年度の整理済額も消費税が最も多く4,533億円、次いで申告所得税が1,350億円、法人税が832億円と続き、相続税については367億円となっています。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 靏岡 直希。3427

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP