天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.4.24 平成25年度税制改正(法人課税)。その1

2013.4.24 | カテゴリ:相続応援日記

平成25年3月29日、平成25年度税制改正法案が成立しました。

法人課税については、環境関連投資促進税制が拡充されました。

【改正前の制度概要】

・エネルギー起源CO2排出削減等に資する設備の取得等をした場合、取得価額の30%の特別償却できます。(H26.3.31まで)

・太陽光発電設備及び風力発電設備の取得等をした場合、即時償却できます。(H25.3.31まで)

・中小企業は、7%の税額控除との選択が可能です。

【改正内容】

太陽光・風力発電設備の即時償却制度を継続(2年延長)されました。

また、その対象設備の範囲に省エネ設備であるコージェネレーション設備を追加されました。

上記に併せ、その他の設備の特別償却・税額控除制度について、対象設備を見直しの上、2年延長されました。

※コージェネレーション設備の代表的なものは、水素と酸素を使って電気を作り、同時発生する熱を給湯や暖房に利用するもの。

太陽光発電のうち50kw以下の小規模産業用の場合、高額な機器が不要です。

さらに確認・検査作業も簡便的で費用が抑えられるため、導入しやすいと言われています。

設備等を取得する際、即時償却か?7%税額控除か?有利不利を検討する必要があります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2615

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。
  • ※本サイトに掲載の記事は掲載時点の事実を表記しています。

PAGE TOP