天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.2.1 平成25年度税制改正大綱発表。その6

2013.2.1 | カテゴリ:相続応援日記

1月24日、平成25年度税制改正大綱が発表されました。

平成23年度の税制改正大綱では、死亡保険金の非課税枠を圧縮し、「500万円×法定相続人の人数」から「500万円×生計を一にする者と未成年者、障害者の人数分」に限定されていたので、実質は子供が成人して親元から独立している世帯では、生計一の配偶者の500万円分しか非課税にならないケースが増加することが想定されていました。 

 大綱発表の1週間前の新聞報道などでは、増税案ではなく、未成年者の子供がいる母子家庭に配慮をして、現行の非課税枠に配偶者や未成年者の子供がいる世帯については、一人当たり500万円を加える減税案が出ていました。

これは金融庁や生命保険協会からの出ている要望と同じ内容です。

議論は、増税と減税との間に大きく揺れ動きましたが、24日発表の大綱では、死亡保険金の非課税措置の改正は見送られており、現行のままとなりました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 杉澤桜2557

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP