天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2010.9.30 平成23年度税制改正要望。その3

2010.9.30 | カテゴリ:相続応援日記

金融庁は、個別評価金銭債権に係る貸倒引当金の損金算入割合の引上げ、

例えば、現行、会社更生法等の申立て段階では、

担保を除いて、個別評価金銭債権の50%部分しか損金算入できないが、

この上限枠の引上げを要望しています。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 遠藤 洋介 1987

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。
  • ※本サイトに掲載の記事は掲載時点の事実を表記しています。

PAGE TOP