相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.6.19 平成23年分の贈与税の確定申告状況、発表。その3

2012.6.19 | カテゴリ:相続応援日記

平成23年分の贈与税の確定申告状況が国税庁より発表されました。

相続時精算課税の申告人員・納税人員・申告納税額は次のようにいずれも減少しています。

(1)相続時精算課税を適用した申告人員

平成23年分・・・4万9千人

平成22年分・・・5万人

前年から1.9%減少しました。

(2)相続時精算課税の納税人員は3千人で、ほぼ前年並み(▲4.0%)でした。

また、申告納税額は191億円で、前年分(197億円)から減少(▲3.1%)しました。


将来の相続税が発生しない(基礎控除以下)と見込まれる場合には、相続時精算課税は有効な制度です。

国会では相続税の基礎控除の引き下げが議論されています。

現行制度では相続時に税金がかからなくても、改正によって税金がかかることになる可能性も多分にあります。

このように先行き不透明な状況から相続時精算課税を敬遠し、暦年課税を選択される方が多いのではないでしょうか?


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2407

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP