天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 少人数私募債の課税方式の変更(H25年改正)。その1

2013.3.21 少人数私募債の課税方式の変更(H25年改正)。その1

2013.3.21 | カテゴリ:相続応援日記

3月1日、所得税法等の一部を改正する法律案要綱が国会へ提出されました。

その中に少人数私募債の課税方式の変更が盛り込まれています。

少人数私募債とは、会社が少人数私募により発行する社債をいいます。募集の対象者は、経営者の縁故者に限定し、証券会社を通さず直接発行します。

現行では、役員報酬が給与所得として総合課税(実効税率50.8%)であるのに対して、会社が発行した少人数私募債を社長が購入した場合、社債の利子は分離課税として20%の税率となります。

そのため、会社から個人(役員)への資金移動は、役員報酬や配当を行う場合と比べて、少人数私募債が有効とされていました。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2591

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP