天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.4.5 将来年金は幾らもらえるのですか?その3

2006.4.5 | カテゴリ:相続応援日記

年金の受給見込額はある年齢になると気になるものです。社会保険庁は2006年3月20日から、希望者に試算するサービスの対象を、55歳から50歳以上に広げました。ホームページから申し込めます。

相続のお手伝いをしていますと、今後の生活の資金繰りの読みを行わなければならないことが多いのも事実です。そのときに相続人の方の年金受給見込み額があると、分かりやすくなります。この計算サービスは便利です。

よく考えて見ますと、IT時代において、必然のサービスなのかも知れません。幾らもらえるか分からないで毎月厚生年金を払ってきたことはつらいものがありました。受給見込み額の開示は重要なことであると感じております。



記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。682。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP