相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.4.11 富裕層の管理体制。その1

2018.4.11 | カテゴリ:相続応援日記, その他

先日、「富裕層から課税きっちり、国税が本気の情報集め」という見出しで新聞記事が掲載されていました。

内容としては、国税当局が国内外に多額の資産を持つ富裕層への監視を強めているというもので、ある会計事務所の顧客に税務調査が入り、顧客も会計事務所も把握していない海外口座まで税務調査で示されたというものでした。

富裕層への監視については、今話題の佐川元国税庁長官が今年の年頭所感において以下のように述べています。

「富裕層や海外取引のある企業による海外への資産隠しのほか、国外で設立した法人や各国の税制の違い等を利用して税負担を軽減するなどの国際的な租税回避行為に対して、国民の関心が高まっています。~中略~本年からは、非居住者の金融口座情報や多国籍企業グループを対象とした国別報告事項の自動的情報交換が開始される予定であり、国税庁としては、これらの円滑な実施に向けて準備を進めております。こうした取組により、引き続き、富裕層や海外取引のある企業による海外への資産隠しや国際的な租税回避行為等に適切に対処してまいりたいと考えています。」

さて、ここでいう富裕層とはどの程度のレベルを指しているのでしょうか?

はっきりした金額は示されていませんが、おおよその目安はあるようですので次回ご紹介します。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐藤 秀治 3821

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP