相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.3.15 家族にまつわる税金の改正。その2

2019.3.15 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

まずは「A.住民税の非課税項目の追加」についてです。

(改正の内容)

児童扶養手当の支給を受けている児童の父又は母のうち、

現に婚姻をしていない者又は配偶者の生死の明らかでない者

(これらの者の前年の合計所得金額が135万円を超える場合を除く。)を

個人住民税の非課税措置の対象に加える。

1.上記の「児童」は、父又は母と生計を一にする子で前年の総所得金額等の合計額が

48万円以下であるものとする。

2.上記の「婚姻」及び「配偶者」には、婚姻の届け出をしていないが、

事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含むものとする。

(ポイント)

1.前年の年収が204万円以下の場合には、今までは住民税の控除がなかったものが、

 今後は非課税となる。

2.適用時期は、2021年分以後の個人住民税から。

こちらの規定では、住民税について優遇規定を設けています。

次回は、所得税について配慮した規定です。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4047

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP