天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.2.14 土地有効利用。建築協力金方式の注意点その1

2006.2.14 | カテゴリ:相続応援日記

借地権を発生させないために、テナントさんが建物の建築代金を建築協力金と言う名目で土地所有者に無利息で融資し、建物を地主が建てるという形があります。建築協力金方式と呼ばれています。

この建築協力金(建物が完成した後は保証金)は賃料収入と相殺して返済するというものです。この方式ですと、土地所有者が直接銀行から借入するのと違って、テナントが途中撤退しても担保が補償(通常、テナントからの途中解約は保証金放棄)されることと、賃貸住宅経営のように入居率の心配がなく賃料収入が安定しているということが利点と言われています。

この方式にはキャッシュフローで見ると2つの問題点があります。一つは家賃改訂の問題です。もう一つは所得税・住民税です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。635。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP