天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.11.4 土地の相続税評価の勉強会を実施しました。

2004.11.4 | カテゴリ:相続応援日記

11月3日のP&P倶楽部での勉強した内容を一部紹介します。お客様に向けて相続税の土地評価のセミナーからのポイントです。

1.広大地の評価減は容積率300%以上の地域に所在する土地は該当しません。戸建分譲が基本です。http://www.fpstation.co.jp/souzoku/souzoku-topics/backnumber/sokuhou390.html

2.私道で行き止まりでも集会所・地域センター・公園などの公共施設や商店街等に出入りしている場合には0%評価になる時があります。

3.貸家建付地の評価の時に空室の期間が1ヶ月程度以上の場合は一時的と見てくれるかどうか?

4.従業員社宅は貸家建付地になるかどうか?

土地の評価は相続の専門家としても細部に渡って注意が必要となります。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP