天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2012.10.1 国税通則法改正による通達制定。その3

2012.10.1 | カテゴリ:相続応援日記

平成23年度税制改正において、税務調査手続に関する取扱いが法令上明確化されたことに伴い、国税通則法関係第7章の2(国税の調査)の通達が制定されました。

 例えば、事前通知は、原則として、あらかじめ電話等により、納税義務者や税務代理人と日程調整をした上で、納税義務者と税務代理人の双方に通知することとされています。

 事前通知は、当初文書での通知が検討されましたが、最終的には電話連絡となりました。これは、必ず税務代理人にもあわせて

通知しなければ手続き違反となります。

 法定化された事前通知事項は、日時、場所、目的、対象税目、対象期間、調査対象資料など11項目からなります。

一方の納税者・税務代理人側も、税務調査手続きがせっかく法定化されたのですから、法定化された事前通知事項は11項目ありますが、省略することなく確認することが重要です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2476

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP