相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2016.11.11 国外財産調書の提出状況。その2

2016.11.11 | カテゴリ:相続応援日記, その他

先日、国税庁が、平成27年分の「国外財産調書の提出状況」を公表しました。

国外財産に係る所得税や相続税の課税の適正化が喫緊の課題となっていることから、国外財産調書の提出制度が創設され、平成26年1月から施行されました。

自主的に提出した人と、そうでない人とで、以下の3つの違う取扱いをしています。

まず1つ目は、加算税の軽減措置です。

自主的に調書を提出していれば、その国外財産に申告漏れがあったとしても、加算税が5%軽減されます。

2つ目は、加算税の加重措置です。

調書の提出が無い場合、又は提出された調書に記載のない国外財産にかかる所得税の申告漏れが生じたときは、加算税が5%加重されます。

3つ目は、罰則の適用です。

正当な理由なく期限内に提出が無い場合、又は虚偽記載の場合に、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ  天満 亮  3477

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP