天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設 その2

2020.3.11 国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設 その2

2020.3.11 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

前回に引き続き、国外中古建物の不動産所得に係る損益通算等の特例の創設についてです。

前回ご紹介したような手法に制限をかけることで、課税の公平性を高めるために改正が行われました。

(イ)国外中古建物から生ずる不動産所得を有する場合においてその年分の不動産所得の金額の計算上国外不動産所得の損失の金額があるときは、その国外不動産所得の損失の金額のうち国外中古建物の償却費に相当する部分の金額は、生じなかったものとみなし、損益通算をすることができないこととなりました。

(ロ)国外中古建物の損失の金額は、国外不動産から生ずる不動産所得の金額から控除できます。

(ハ)上記(イ)の適用を受けた国外中古建物を譲渡した場合における譲渡所得の金額の計算上、その取得費から控除することとされる償却費の額の累計額からは、この規定によりなかったものとみなされた償却費に相当する部分を除くこととします。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 佐々木 進吾 4284

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP