相続税申告 実績日本一 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2014.7.15 固定資産税の審査申出期間が延長。その3

2014.7.15 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成26年6月6日に改正法が成立し、固定資産税の審査申出期間が延長になります。

納税者側の準備期間が約1か月増えますので、利便性は上がります。

 固定資産税の評価額は、相続税においては倍率方式が適用される土地や家屋に連動します。

また、登録免許税や不動産取得税にも影響を及ぼしますので、審査申出期間が延長されることは喜ばしいことです。

 なお、固定資産税の評価額は原則として3年間据え置かれますが、据え置かれた2年目、3年目の価格については審査の申出を行うことはできず、評価替えの年度のみしか審査の申出をすることができない場合もあります。(次の評価替えは平成27年度となります。)

 

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2914

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP