相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.4.3 合同会社の税務-その1

2018.4.3 | カテゴリ:相続応援日記, その他

合同会社の設立登記の件数が平成27年以降年間2万件を超え、新たに設立された会社組織の5件に1件を占めるまでになりました。

合同会社は平成18年の会社法改正により新たに設立できるようになった会社形態です。

人気の要因は株式会社よりも低コストで設立でき、運営コストも低いことです。

株式会社を設立するためには、設立コストとして20万円ほどかかるのに対して、合同会社の場合、6万円程度で設立できます。

また、株式会社の場合、取締役に任期を設ける必要があり任期の都度新たに取締役の変更登記をしなければなりませんが、合同会社の場合は代表社員などの役員に任期を定める必要がないため、変更登記が不要です。

このように低コストで設立・運営できる合同会社ですが、まだまだ認知度が低く社会的信用という点では株式会社に比べ劣る、というのが現実のようです。

明日以降は、この合同会社に関する税務について触れていきたいと思います。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 大口 亮 3815

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP