天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.7.23 公定歩合引き上げと相続その3

2006.7.23 | カテゴリ:相続応援日記

公定歩合が0.1%から0.4%へ引き上げられました。その影響が利子税の割合に出てきます。

福井総裁は会見で「公定歩合という言葉は、そろそろお蔵入りさせたい」と述べました。公定歩合はかつて、最も重要な政策金利だったが、今では市場金利の上限を画する機能しかなく、政策手段としては役割を終えているためだ。現在の金融政策の手段は、短期金融市場の無担保コール翌日物金利。公定歩合は2001年3月以降、金融機関が担保の範囲内で日銀から資金を借りる補完貸付制度の適用金利に使われています。日銀は今後、「公定歩合」を、なじみのない正式名称である「基準貸付利率」に改め、「主たる金融政策手段」ではないことをはっきりさせる方針だそうです。

この事を考えますと税法も「公定歩合」連動ではなく、「短期金融市場の無担保コール翌日物金利」連動になるかもしれません。0.4%ではなく0.25%に連動させるかどうか、今後の税法の改正に注目です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。787。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP