天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2004.7.10 個人が得か?法人が得か?

2004.7.10 | カテゴリ:相続応援日記

利益をどちらで蓄積すると得か、個人が得か法人が得かという議論になりました。利益が多く出ている事業の場合、税率と精神衛生から見ると個人が得であります。一方相続を考えると法人が得ということが多いようです。理由は法人の蓄積された利益は、株式の評価と言う形で相続税が課税されます。その株式の評価は「今儲かっているか?という類似業種比準価額」「過去儲かっていたかという純資産価額」で決まります。今儲かり方が少ないと類似業種比準価額が効いて評価が安い場合が多いのです。相続を意識する年齢でなければ個人で事業を行い、相続を意識する年齢になった時法人を意識すると良いようです。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4638.htm

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP