相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2018.11.16 会社員の源泉徴収と確定申告。その1

2018.11.16 | カテゴリ:相続応援日記, その他

平成最後となる年末が近づいてきました。

年末が近づくと、よく質問されるのが会社員に関する源泉徴収や確定申告です。

今回はそんな会社員に関する税金がテーマです。

会社員は、源泉徴収という制度により所得税を差し引かれて給料の支払いを受けます。

その源泉徴収される金額は、扶養控除等申告書の提出有無により異なります。

提出がある場合には甲欄(扶養親族等の数を加味する方法)により源泉徴収され、

提出がない場合には乙欄(扶養親族等の数を加味しない方法)により源泉徴収されます。

乙欄の方が徴収額は割高となっています。

会社側はその源泉徴収した所得税を、原則として翌月10日までに税務署に納税します。

なお、扶養控除等申告書はその年最初の給料の支払い日の前日までに会社員が会社

に提出しなければなりません。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 3971

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP