相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.9.12 令和2年度の税制改正要望(各省庁編)。その2

2019.9.12 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

先月30日、各省庁より来年度の税制改正要望が出そろいました。

本日は経済産業省が要望している主な項目について、その2としてご紹介いたします。

・日本企業の状況を踏まえた国際的な課税の見直し

経済のデジタル化や多国籍企業の課税逃れに効果的に対応するための課税ルールの見直しに当たっては、OECD等における国際的な議論の動向や日本企業の海外展開の実態を踏まえつつ、日本企業への過度な負担を回避し、海外企業とのイコールフッティングを確保するなど、適切なものとなるようにする、そうです。

・消費税の申告期限の1か月延長特例

「働き方改革」を踏まえた企業の事務負担の軽減等のため、消費税の申告期限を1ヶ月延長する特例を創設する、とのことです。

2番目の申告期限の延長制度は、これまで法人税にはありましたが、消費税にはありませんでした。

同じ課税期間の申告につき、法人税と消費税で申告期限が異なることによる現場での手間を考えての判断で、歓迎されるものと思われます。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 4167

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP