相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 不動産を取り巻く環境変化への対応。郵政事業。その3

2008.6.25 不動産を取り巻く環境変化への対応。郵政事業。その3

2008.6.25 | カテゴリ:相続応援日記

郵政事業の土地の再開発の記事が注目をあびています。それを元に分析してみます。

「Cグループは「保有・賃借」で、グループのコア資産と位置付けるもの。長期保有が前提となる。不動産の流動化や外部借入による賃借なども検討していく。」

内部価値は高いが外部価値は低いものです。例えば別荘です。流動化するか、いっそう借りようか?検討しようということになります。

私は仕事で日本全国の郵便局に行きました。一等地にあります。東京、名古屋、大阪はもとより、金沢、京都、どこへ行っても一等地です。郵政事業の今後の不動産の動きに注目です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1439。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP