相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記  > 
  • 不動産を取り巻く環境変化への対応。国有財産。その3

2008.6.17 不動産を取り巻く環境変化への対応。国有財産。その3

2008.6.17 | カテゴリ:相続応援日記

政府の有識者は、国が所有する不動産をどのように考えているでしょうか?

「国有財産の有効活用に関する報告書(2007年6月15日)」

http://www.mof.go.jp/singikai/zaisanfollow_up/siryou/20070615/houkoku.pdf

が参考になります。

大手町(2.4 万?)は処分しようという決定です。

(1) 気象庁は虎ノ門へ移転(危機管理能力も向上)

(2) 東京国税局は築地へ移転(納税者の利便は維持)

ここは高速道路神田橋から左に見えるところです。

平成26年(2014年)に処分予定と記されております。

国税局の移転先は朝日新聞となりの海上保安庁海洋情報部です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。1433。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP