相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2019.6.14 不動産の取得と保有に係る税金。その3

2019.6.14 | カテゴリ:相続応援日記, その他

最後に保有に係る税金ですが、固定資産税・都市計画税が主なものとなってきます。

固定資産税とは、不動産を保有している者が払う市町村税です。

税率は、標準税率1.4パーセントです。

都市計画税とは、市街化区域内に不動産を保有している者が払う市町村税です。

税率は、制限税率0.3パーセントです。

面白いことにこの2つの税金は、全国一律ではなく各市町村で条例により

税率を定めることが出来ます。

計算については、なかなか複雑なものですが毎年4から5月頃に、

各市町村から納税額が記載された通知書が送られてきます。

基本的に4期に分けて分納していきますが、一括納税も可能です。

以上、不動産の取得と保有に係る税金のお話でした。

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 森田太郎 4105

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

 

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP