天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2007.2.6 上場株式の譲渡益の課税。その1

2007.2.6 | カテゴリ:相続応援日記

株式の譲渡益についての税制です。

1 株式等の譲渡益課税制度

平成15年分以降の株式等譲渡益課税制度は、他の所得と区分して税金を計算する「申告分離課税制度」となっています。 また、特定口座制度(証券業者等が年間の譲渡損益を計算)が設けられており、この特定口座での取引については、源泉徴収選択口座かそれ以外の口座(簡易申告口座)を選択することができます。 更に、源泉徴収選択口座内における年間取引の譲渡損益については、確定申告不要又は確定申告を選択することができます。

2 株式等の譲渡所得等(譲渡益)の金額の計算

総収入金額(譲渡価額)-必要経費(取得費+委託手数料等)=株式等に係わる譲渡所得等の金額

3 税率  

  譲渡の形態                        期間                      税率

証券業者を通じた上場株式等の譲渡     平成15年1月から平成20年末まで    10%(所得税7%、住民税3%)

同上                         平成21年以降                 20%(所得税15%、住民税5%)

上記以外の譲渡                  平成15年1月から平成15年末まで    26%(所得税20%、住民税6%)

同上                         平成16年以降                 20%(所得税15%、住民税5%)

ここからタックスプランニングが読み取れます。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。985。

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続相豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP