天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2006.3.23 一澤帆布加工所の記事への解説その2

2006.3.23 | カテゴリ:相続応援日記

信三郎さんが書かれたホームページに、そこまでに至った事情が書かれています。双方の意見を見ないとなんとも言えませんが、2001年3月15日お父様である信夫が死去され遺言書が2通存在したそうです。長男側の主張が判決で通った模様です。その結果長男側は役員を解任したそうです。

遺言が2通存在した場合の法律的解釈は、新しい遺言が尊重されます。その遺言が本人が書いてない場合が明らかになれば新しい遺言は無効になります。そこで裁判になります。

無効を主張するとすれば、実務的に言えば筆跡鑑定、状況証拠が示されます。経験上で言えば、思った以上に筆跡鑑定で覆すのは難しいのです。明らかに本人のものではないという立証が難しいのです。本人の字の書き方の癖、跳ね方、省略形等が参考になります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。670。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP