天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.8.16 ギャンブルで損した場合の相続税

2005.8.16 | カテゴリ:相続応援日記

亡くなった方が信用取引のギャンブルで1億円損をしてしまいました。相続税上はどうなるでしょうか?財産が無くなったのですから仕方がありません。もちろん調べる税務署側は本当かどうかは調べます。損をしたといいながら、よそに隠しているのでは?と疑うからです。本当に損しているなら遺された財産だけに相続税がかかります。

ではお金を預かっていた相続人である子供がギャンブルで損した場合はどうなるでしょうか?親から子への貸付金になります。相続財産となり、残念ながら相続税の対象になります。「え!損して今無いのに?」そうなんです。お父さんが損していれば問題ないのですが、息子さんが自らの責任の下に運用して損した場合は相続財産です。多分息子さんが相続することになり、自分への貸付金を相続し、結果として返さなくていいことになります。ただし相続税の負担が出てしまいます。

このようにギャンブルの援助を仕事にしている方がいるのも事実です。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。457。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP