相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2005.6.22 あげたのか?立替えたのか?

2005.6.22 | カテゴリ:相続応援日記

生前、被相続人が相続人に交付した10億円が相続財産になるかどうか静岡地裁(富岡章裁判長)は被相続人から相続人に対する生前贈与と認定するとともに、相続開始前3年内の贈与にも該当しないため、相続税の課税対象財産にもならないことから相続税の納税義務もないと判示、原処分を全部取り消しました。

この事件は、被相続人が生前(相続開始5年前)、株取引資金に係る借入金の返済資金として相続人の一人に交付しました。 原処分庁は贈与契約書の作成がなく、相続人が知らないままに交付されたものであり、被相続人と相続人との間で贈与の合意があったわけでもなく、立替金として相続財産に入ると主張しました。

これに対して判決は、被相続人が生前、相続人に返還請求をせず、また相続人は返還請求されたとしても返済するだけの資力はなかったと認定して、贈与として相続財産に入らないとしました。

あげたものか、立替えているものか、これによって相続財産になるかどうかが決まります。あげたものなら相続財産になりません。立替えたものでは相続財産になり課税の対象になります。実務ではいつも問題になるところです。

記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。402。(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP