相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2013.8.5 「親に何かあっても心配ない遺言の話」その1

2013.8.5 | カテゴリ:相続応援日記

f:id:amanotakashi:20130802174317j:image:w360:left私の66冊目の書籍が出版されます。

http://www.amanotakashi.com/chosho.html

ソフトバンククリエイティブ株式会社さんの名編集者柳沼 豊さんから正式に依頼があり打ち合わせたのは2013年2月18日の事でした。

「遺言は大切だというのは読者の方も御存知ですが体温が感じられる書籍を是非出したい。」とさらに柳沼さんから「遺言は相続の専門家から見ると何ですか?」と本質を突く質問が。

私はズバリ

「時を超える思いの伝達」

「水戸黄門の葵の御紋」

と答えました。

依頼を受けて、わが社のパートナー社員税理士の大山広見指揮の元

いままでのわが社のデータベースにある遺言の分析をはじまりました。

相続税の申告書で遺言がある率は2000年から2012年で10%ぐらいしかないこと

なぜ遺言は書きたくないのか?には3つの理由があること

遺言があったおかげで防げたトラブルの実際の事例は?

なぜ秘密証書遺言がお客様に喜ばれるか?

検認手続は立ち会うと相続人は何に気づくか?

次々と既存の書籍には無い

本書の特徴内容がまとめられて行きました。

書店での発売日は8月15日の模様です。

天野隆


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:天野隆。2684


(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP