相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

about

相続人と相続分

Q.遺産相続の手続において、相続人と相続分の考え方について教えて下さい
A.遺産相続の手続を進めていく上で、民法上も、税法においても大変重要なことは、相続人を特定し、各々の相続分を確定させることです。

ここを間違えてしまうと、遺産分割協議も相続税の計算も、すべてその前提が違って来てしまうことになるので、しっかりと押さえておく必要があります。

民法で定められている相続人に関する基本的なルールは次の通りです。

  1. (1) 相続人には、配偶者相続人と血族相続人の2種類があり、前者は常に相続人となる。
  2. (2) 血族相続人は、
    イ)子(既に死亡している子がある場合は、その子が代襲する)
    ロ)直系尊属
    ハ)兄弟姉妹(代襲あり)
    の順に相続人となる。
  3. (3) 相続開始以前に死亡している者、欠格事由に該当している者、廃除された者及び相続の放棄をしている者は相続人となることができない。

なお、代表的なケースにおける相続人と相続分は図に示した通りですが、この他養子などがある場合、1人の相続人が子としてと代襲者としての二重身分を有している場合など、複雑なケースでは、念のために司法書士や弁護士に相続分を確認してもらった方がいいかも知れません。

遺   族 相続人 法定相続分
配偶者と子供の場合 配偶者と子供(注1) 配偶者・1/2
子供・・1/2×1/人数
配偶者はすでに死亡
子供だけの場合
子供(注1) 子供・・1/人数
子供がおらず
配偶者と親の場合
配偶者と親 配偶者・2/3
親・・・1/3×1/人数
子供がおらず
配偶者と兄弟だけの場合
配偶者と兄弟(注2) 配偶者・3/4
兄弟・・1/4×1/人数
独身で親だけの場合 親・・・1/人数
独身で親はすでに死亡
兄弟だけの場合
兄弟(注2) 兄弟・・1/人数

( 注1)
すでに死亡している子供がいる場合は孫が、孫が死亡している場合はひ孫が、その死亡した子供に代わって相続人となる。
( 注2 )
すでに死亡している兄弟がいる場合は、その子供が死亡した兄弟にかわって相続人となる。父母の一方のみ同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の半分となる。

  • 相続税とは
  • 相続手続のスケジュール
  • 相続費用の扱い
  • 遺言があった場合
  • 貯金口座の扱い
  • 社会保険の手続き
  • 相続人と相続分
  • 故人の確定申告(準確定申告)

Q&A 相続手続のコツは

  1. Q1.相続が発生しました。どんなところに気をつければよいですか?
  2. Q2.葬儀費用等を申告すると宗教法人に影響がありますか?
  3. Q3.根抵当権(被相続人が設定)はどうなりますか?
  4. Q4.相続開始の日から遺産分割協議が決まるまでの収入はだれのものですか?
  5. Q5.どのような税理士に相談したらよいでしょうか?

相続の知識トップに戻る

相続の知識

  • 無料面談、無料メール相談
  • 資料請求 MATERIAL
  • お客様の声 VOICE
  • 最新税制改正情報
  • マイナンバー
  • 資産の安心を考える会
  • 相続に関するQ&A
  • メディア掲載情報
  • 相続応援日記
2017.11.20
マイナンバーのいま。その3
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン
  • AllAboutのガイド

関連サイト

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP