相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

about

遺言があった場合

Q.故人の遺言がある場合にはどうすべきですか?
A.遺言書は、相続の指針となる重要文書と言えます。そこで、一通りの法律上の決まりごとについて予備知識をもっておいたほうがいいと思います。まず、遺言書の種類には〔自筆証書遺言〕〔公正証書遺言〕〔秘密証書遺言〕などがあり、いずれの遺言書にも次のような約束ごとが定められています。
  • 2名以上の人が共同で遺言することは許されない
  • 遺言者は本人の生存中に「遺言の取消し」と「書換え」ができる
  • 最新の日付と署名のある遺言書のみが有効
  • 遺言書に遺言執行者への報酬が記載されていない場合、家庭裁判所の判断に従う
  • 遺言執行に関する諸費用、財産目録作成、遺言執行者への報酬などは相続人が負担する。

また、故人自筆の遺言書が見つかったら、民法の規定にのっとり、家庭裁判所の検認を受ける必要があります。これは、遺言書の存在確認と変造・偽造防止を目的として定められた制度であり、具体的には、裁判官が相続人全員立会いのもとで遺言書を開封し、筆跡などの確認をする手続きです。公正証書以外の遺言は、基本的にはこの時点で効力を発揮し、違反者には5万円以下の過料が課せられることになります。

  • 相続税とは
  • 相続手続のスケジュール
  • 相続費用の扱い
  • 遺言があった場合
  • 貯金口座の扱い
  • 社会保険の手続き
  • 相続人と相続分
  • 故人の確定申告(準確定申告)

Q&A 相続手続のコツは

  1. Q1.相続が発生しました。どんなところに気をつければよいですか?
  2. Q2.葬儀費用等を申告すると宗教法人に影響がありますか?
  3. Q3.根抵当権(被相続人が設定)はどうなりますか?
  4. Q4.相続開始の日から遺産分割協議が決まるまでの収入はだれのものですか?
  5. Q5.どのような税理士に相談したらよいでしょうか?

相続の知識トップに戻る

相続の知識

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP