相続税申告件数は日本で最大級 50年を超える歴史 税理士法人レガシィ

about

相続税申告・必要資料一覧表

1. 役所で取り寄せるもの

資料 数量 使用目的 備考
被相続人の除籍謄本 ※ 2 申告書添付・登記
(名義変更)
1通を申告書に添付。残り1通を
登記や名義変更に利用。
被相続人の出生からの戸籍謄本 ※ 2 申告書添付・登記
(名義変更)
1通を申告書に添付。残り1通を
登記や名義変更に利用。
被相続人の戸籍の附表 ※
又は住民票(本籍記載) ※
1 登記(名義変更)  
被相続人の住民票除票 ※ 1 登記(名義変更)  
相続人全員の印鑑証明書 とりあえず
2
申告書添付・登記
(名義変更)
この2通の以外にも必要になりますが、期限が定められているものがあるため、必要数と遺産分割が決まってから、再度取寄せるといいでしょう。
相続人全員の戸籍謄本 ※ 2 申告書添付・登記
(名義変更)
1通を申告書に添付。残り1通を
登記や名義変更に利用。
相続人全員の住民票 ※ 2 申告書添付・登記
(名義変更)
1通を申告書に添付。残り1通を
登記や名義変更に利用。
固定資産税評価証明書 1 登記(名義変更) 申告書には、コピーを添付
不動産の登記簿謄本 ※ 1 登記(名義変更) 申告書には、コピーを添付

※弊社が職権で取り寄せ可能です。

2. お持ちになっていれば必要な資料

資料 備考
被相続人の確定申告書の控 過去5年分
確定申告をする際の資料一式 準確定申告書作成用
相続人の贈与税の申告書の控 過去6年分
預貯金の通帳・有価証券の取引残高報告書、計算書等、金融資産に関する書類
※一部弊社で取寄せ可能
過去6年分
死亡保険金の支払明細書、保険証書(生命保険、損害保険) 被相続人が契約者になっているものだけでなく、被相続人が負担していたものも含む
死亡退職金の支払明細及びその会社の退職給与規定 -
固定資産税・住民税・事業税の納付書 直近分 相続税の計算上、控除できます。
借入金返済予定表 -
葬式費用の領収書・メモ -
土地の実測図・建物建築確認図面 -
土地・建物の賃貸借契約書 貸地・借地・賃貸物件がある場合

3. 法人をお持ちの方に必要な資料

資料 備考
法人税申告書・決算書、地方税・消費税申告書 3期分
※科目内訳書のページも必要です。
所有不動産の固定資産税の評価明細(名寄せ) 公図、登記簿謄本
法人契約の生命保険・損害保険証書  
  • 相続財産の名義変更
  • 相続税申告・必要資料一覧表
  • 税務調査について
  • 修正申告等に係る延滞税等

Q&A 相続手続のコツは

  1. Q1.隠している財産のことまで、会計事務所にすべて話すべきでしょうか?
  2. Q2.郵便局の貯金は申告しなくても分からない?
  3. Q3.自分が住んでいないところにある預金(遠隔地預金)は税務調査でわかる?
  4. Q4.割引債は税務調査で把握できませんか?
  5. Q5.申告漏れ又は仮装・隠蔽のペナルティは?

相続の知識トップに戻る

相続の知識

  • 無料面談、無料メール相談
  • 資料請求 MATERIAL
  • お客様の声 VOICE
  • 最新税制改正情報
  • マイナンバー
  • 資産の安心を考える会
  • 相続に関するQ&A
  • メディア掲載情報
  • 相続応援日記
2017.9.22
各省庁の税制改正要望。その3
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン
  • AllAboutのガイド

関連サイト

  • ※日本最大級とは創業以来の申告・有料コンサルティング合計件数のことを指します。

PAGE TOP