相続応援日記 359ページ目 | 相続・贈与税など、お客様の大切な「財産」や「思い」の継承をサポートいたします。

  • 標準
  • 拡大
  • NO.1 相続実績 レガシィの強み PROFILE
  • 業務案内 SERVICE
  • 相続の知識 ABOUT
  • セミナー SEMINAR
  • よくある質問 FAQ
  • お問合せ CONTACT

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

  • HOME  > 
  • 相続応援日記

2004.5.27 自分に向かう勇気

2004.5.27 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

今日の相続対策相談。73才のお父様がいらっしゃいました。今年は息子さんに不動産賃貸事業を引き継ごうかと考え、財産の全体の状況の把握、資金繰り計画、遺言の準備でいらっしゃいました。土地は多くあるが、借金も多くありますとの事。「なぜ相談に行こうと言うお気持ちになられたのですか?」とお聞きしました。妻から言われたとの事。さらに5歳も年下の知人が痴呆になられたとの事。年を重ねて、自分に向かい合うことが出来る勇気を教えていただきました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4894511428/ref=pd_bxgy_text_2/249-2228236-0757947

2004.5.22 相続後も語り継がれる

2004.5.22 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

ウォルト・ディズニーは1952年51歳でディズニーランド構想を発表しました。生命保険を担保に借金をしはじめたそうです。そして1955年54歳の時オープンが出来ました。1966年65歳で死去されました。前年1965年に発表されたフロリダマイアミそばのオーランドに建築されているディズニー・ワールドの完成は1971年彼が亡くなって5年後でした。彼が亡くなってから16年後1983年4月15日に東京ディズニーランドが浦安市の舞浜(マイアミを意識して)で開園しました。かれの思いは見事に相続され、遠い国日本でも生きて語り継がれています。今年はディズニーランド20周年が終了し、ディズニーシーは3周年です。すべては一人の思いから始まるようです。そして相続後も語り継がれます。

http://www.amanotakashi.com/point/point1_9.html

2004.5.20 借金の相続の留意点

2004.5.20 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

借金を残した方のご相続をお手伝いしています。相続放棄すると借金は返済不要になります。連帯保証している場合は残念ながら借金を継ぐ事になります。

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20030925/index.htm

ご心配はいろいろ出てきます。その時生命保険金はもらえます。遺族年金ももらえます。親戚への配慮が必要になります。

http://allabout.co.jp/finance/loan/closeup/CU20030923/index.htm

整理をしてお伝えしますとご安心をされたようです。

2004.5.24 聞いて差し上げる

2004.5.24 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続は遺言が無ければ、相続人間で必ず遺産分割をしなければ終了しません。http://www.fpstation.co.jp/souzoku/qa/qa_17.html

遺産分割で兄弟姉妹が残念ながらもめてしまうことがあります。お一人の事情を聞いていますと確かにそこまで言われると許せないと思うことが良く分かります。相手方の言い分を聞くとそこにはまた道理があります。その気持ちも良く分かります。自分に置き換えてみると両者の気持ちが良く分かります。そんな時それ以上入り込めない無力感が襲ってきます。今日も出来たことは聞いて差し上げることだけでした。

2004.5.30 ご先祖様からの相続の重み

2004.5.30 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

ご先祖様は何人いるのか計算をしてみました。両親は2人。祖父祖母は4人。その上の代は2の3乗で8人、10代上は2の10乗で1024人。20代で2の20乗で1048676人。30代で2の30乗で10億人。30代と言えば西暦1100年ぐらいです。鎌倉時代の前でありそんなに昔ではありません。もちろんそのころの人口はそんなにいません。ということは重複している人もいます。それはそうとしてもこの10億人がいなければ今の私はいないということは事実のようです。御先祖様の意思の相続をしてるのかもしれません。誰一人欠けても今の私はいません。同様にお客様のご先祖様も同じ数いらっしゃいます。ご先祖様に恥じない仕事をしているか?自分に問いかけてみました。

2004.5.15 相続時の税理士への依頼

2004.5.15 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

残念ながら相続が発生してしまったお客様からの質問。「税理士さんにはいつごろ頼むのが一般的ですか?」早すぎても遅すぎても差し障りがあるのではないかというご心配であります。「早すぎる分には問題ありません。お通夜から遺族の方たちの相談にのることもあります。弊害はないと思われます。」「相続の申告期限が亡くなられてから10ヶ月ですので、財産の確定、遺産分割の準備と最終決定、相続税の支払方法の選択、を考えますと出来れば四十九日には決めていたいですね。」と答えさせていただいた。看病、葬儀、香典返しと忙しさは続くが、故人の相(すがた)を続けていくためにも、応援させていただこうと気がひきしまりました。

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/qa/qa_8.html

2004.5.18 この土地をこの値段で買うだろうか?

2004.5.18 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続の節税が私たちプロの出番です。土地の金額が全体の財産の71%を占めています。その結果土地の評価額を下げることで、相続税が違ってきます。なんとか土地の評価を少しでも安くしたいと努力します。

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20001117/index.htm

しかし税務署が認めてくれないといけません。今日も我がスタッフは理論武装をして頑張っています。「現地を確認し、もし自分だったらこの土地は買うだろうか?」その思いになった時、初めて評価のプロの入り口に入れるような気がします。机の上ではそんな気持ちにはなれないようです。真剣になると知恵が湧いてくるものです。

我が社のホームページに相続の事例分析があります。御参考にして下さい。

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/joho/joho_1.html

2004.5.25 山林の評価減が認められました

2004.5.25 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続税の山林の評価が今種々の問題になっています。時価に比べ評価額が高いためです。私どもでお手伝いした案件で評価を下げた案件を、この度税務署が認めてくれました。八王子市の評価倍率が高い事を論理的に説明し、申告したところ認めてくれました。お客様の意向でもあり、私たちも論理的に展開したものの、今まで認めてくれた事例が少なかっただけにほっとしました。相続の申告にあったて、山林の評価に疑問をお持ちの方がいらっしゃいましたらご相談ください。

http://allabout.co.jp/finance/inheritance/closeup/CU20040326A/index2.htm

2004.5.19 相続相談もインターネットで

2004.5.19 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

相続専門の会計事務所として多くの相談にのらせていただいています。面談・FAX・電話・セミナー・勉強会・最近はインターネットでの相談も増えてきました。相続110番というタイトルでご質問に無料で答えています。

http://www.fpstation.co.jp/souzoku/110/110_1.html

私どもの役員で税理士の清水真一郎が担当しています。彼は日本でもナンバーワンの相続応援経験を持った専門家です。今までは個人のことはやはり面談でという方が多かったのですが最近はネットでの質問も増えてきているようです。方法論はさておきお役に立てることは嬉しいことです。

2004.5.21 生き方・考え方は伝わる

2004.5.21 | カテゴリ:相続応援日記

相続応援日記 記事一覧

思いを伝えるのが難しいと思う時があります。親から子供へうまく伝わらない事も多いものです。そんな時言葉による影響は少ないようです。生き方・考え方は残っていくようです。相続のお手伝いで感じることです。相(すがた)を続ける事が相続。すがたは後姿かもしれません。

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP