110年目の相続税大増税。その1 | 相続・贈与税など、お客様の大切な「財産」や「思い」の継承をサポートいたします。

  • 標準
  • 拡大
  • NO.1 相続実績 レガシィの強み PROFILE
  • 業務案内 SERVICE
  • 相続の知識 ABOUT
  • セミナー SEMINAR
  • よくある質問 FAQ
  • お問合せ CONTACT

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2014.4.18 110年目の相続税大増税。その1

2014.4.18 | カテゴリ:相続応援日記, 相続関連情報

創設からちょうど110年が経過する相続税が来年増税をむかえます。

 相続税は、1905年(明治38年)に日露戦争の戦費調達のために創設されました。

f:id:amanotakashi:20131212155956j:image:w360:right

  平成25年において相続税が国税に占める割合をみると1.8%となっています。

 所得税や法人税があわせて約50%であるのに対して少ない割合となっています。

 ちなみに消費税は国・地方あわせて約16%です。

 相続税はこれまで細かな改正を繰り返してきましたが、導入当初から税収の割合は1~3%を推移してきました。

 これが110年目の改正で大幅に国税における税収割合が増加することとなります。


記:資産家を応援する相続・相続税の専門家:税理士法人レガシィ 風岡範哉。2855

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

相続準備の応援メールマガジン「知って得する相続豆知識」はこちららから:ホームページ「あなたの相続お悩み解決サイト」はこちらから

相続のメール無料相談はこちらから

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP