空き家の固定資産税問題。その3 | 相続・贈与税など、お客様の大切な「財産」や「思い」の継承をサポートいたします。

  • 標準
  • 拡大
  • NO.1 相続実績 レガシィの強み PROFILE
  • 業務案内 SERVICE
  • 相続の知識 ABOUT
  • セミナー SEMINAR
  • よくある質問 FAQ
  • お問合せ CONTACT

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2014.8.19 空き家の固定資産税問題。その3

2014.8.19 | カテゴリ:相続応援日記, その他

空き家の敷地の固定資産税について、改正の動きがありそうです。

 現状では、空き家の敷地であっても、住宅用地の特例措置を受けることができます。

しかし、老朽化した家屋は倒壊の危険性や火災など近隣住民に迷惑をかける恐れがあります。

防犯上の観点からもよろしくありません。

 そこで、自治体が危ないと判断した空き家を軽減の対象から外すことが検討され、持ち主が自主的に更地にした場合、一定期間は固定資産税の軽減を続けることも検討されます。

 今後は空き家のまま放置しておくと固定資産税の負担が大きくなる可能性もあります。

 個々の事情はいろいろあるかも知れませんが、相続税における小規模宅地の評価減の影響も考慮しつつ、手放すことや有効利用することも考えていかなければならないでしょう。

 

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 廣田勝彦 2935

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP