法人税率引下げに伴う新たな課税。その1 | 相続・贈与税など、お客様の大切な「財産」や「思い」の継承をサポートいたします。

  • 標準
  • 拡大
  • NO.1 相続実績 レガシィの強み PROFILE
  • 業務案内 SERVICE
  • 相続の知識 ABOUT
  • セミナー SEMINAR
  • よくある質問 FAQ
  • お問合せ CONTACT

天野隆の相続応援日記 INHERITANCE SUPPORT DIARY OF TAKAHASHI AMANO ここでは資産税専門の税理士法人レガシィの専門家が、「相続の仕事で感じたこと」、「ルール化されたこと」、「お知らせしたいこと」を書かせていただいています。皆様の何かのヒントになれば幸いです。

2014.7.30 法人税率引下げに伴う新たな課税。その1

2014.7.30 | カテゴリ:相続応援日記, 税制改正

ここ最近、新聞記事等で法人税率引下げによる財源確保として、新たな財源となりうる「パチンコ税」や「携帯電話税」が取りざたされています。

最終的にどこまでが実現するかは不透明ですし、単なる話題で終わるものも多いかもしれませんが気になったので調べてみました。

まず、導入が検討されているパチンコ税は、パチンコ屋に課税されるものではなくパチンコをする利用者に課税されるものです。

現在、パチンコで勝ったお金は厳密には「所得」なのですが、ほとんど課税されることがありません。

当事者があえて申告をしないからです。

そこで、源泉分離課税による源泉徴収制度を用いての課税を考えているようです。

その他にも、景品交換所を公益法人が運営して一定の手数料を徴収するという案が考えられており、検討中とのこと。

なお、このパチンコ税は現在のところ自民党内部での検討段階という事です。

 

記:資産家を応援する相続の専門家:税理士法人レガシィ 三澤郁夫 2924

(幸せなキャッシュフロープロジェクト)(もめない・もめさせない遺産相続プロジェクト)

  • 無料面談、無料メール相談
  • 知って得する相続豆知識 メールマガジン

アーカイブ

PAGE TOP